本ページガイドと以下の該当箇所をあわせてご覧になればお分かりになりやすいと思います

・エーエムエルマーケシステム管理画面ログイン > リッチメニュー管理 > リッチメニュー一覧

ユーザーのLINEトーク画面向けにリッチメニューを作成しよう

リッチメニューとは、LINEのトーク内の画面下部に表示される固定のメニューのことをいいます。
1枚の画像に対して分割してアクションを設定でき、ユーザーが画像をタップすると、外部サイトへの誘導、事前に設定したキーワードの送信が可能となります。

また通常のテキスト送信と比較すると視認性に優れており、複数の導線設定ができるので、LINE従量制への対策としても役立つ機能です。

※リッチメニューはAPI(LINE Messaging API)を通じての配信となるのでLINE公式アカウントで作成リッチメニューは使えません。
※対象BOTと友達追加されていないLINE会員には表示されません

[設定・作成方法]

リッチメニュー_エーエムエルマーケシステム

1)【新規登録】・・・新規作成・追加作成時にクリック
2)【リッチメニュー管理名】・・・作成済みの修正・編集時にクリック
3)【表示期間】・・・設定された表示期間範囲内にのみ、リッチメニューはLINE会員に公開されます
4)【紐づけ会員一覧】・・・LINE会員よりリッチメニューの紐づけ設定を行なわれた会員一覧が表示されます

1)リッチメニューの作成[新規登録ボタン]

リッチメニュー_エーエムエルマーケシステム

※リッチメニューはLINE制約で同時に公開できるのは1ユーザー=1リッチメニューとなります
複数のリッチメニューを作成し、同じユーザーに複数のリッチメニューを紐づけた場合、最後に紐づけたリッチメニューが表示される仕様となります

1-2リッチメニューの作成[基本設定]

リッチメニュー_エーエムエルマーケシステム

・BOT
表示公開されたいBOT名を選定
・リッチメニュー管理名
保存名となります
・用途(エーエムエルマーケシステム独自仕様)
一般用・・・永続的に表示したいリッチメニューであればこちらを選択
メルマガ連携用・・・メルマガ会員⇔LINE会員と連携できた場合に解除したい場合はこちらを選択
・公開状態
有効・・・表示期間にそって公開されます
無効・・・表示期間に関係なく公開されません(非公開扱い)
・表示期間
対象BOTのトーク画面アクセスのLINE会員に対して表示期間の設定箇所
・タイトル
メニューバーの表示テキストの名[例:サンプル用]
・メニュー初期表示
表示・・・ユーザーが対象BOTとのトーク画面アクセス時リッチメニューが表示されます

非表示・・・ユーザーが対象BOTとのトーク画面アクセス時リッチメニューが非表示となりメニューバーをクリックして表示されます

1-2リッチメニューの作成[レイアウト設定]

デザインガイド>一括ダウンロード箇所から(png形式)の参考データをダウンロードできます
アップされる画像ファイルと画像レイアウトは一致していることをご確認ください

リッチメニュー_エーエムエルマーケシステム

1-3リッチメニューの作成[アクション設定]

前段のレイアウトにそって、各画像箇所のアクション設定を行ってください

リッチメニュー_エーエムエルマーケシステム

[メッセージアクション]

画像をタップすると指定のテキスト(メッセージが)トーク内に自動送信されます

[URLアクション]

画像をタップすると、指定URLにジャンプします

[フォーム(AML独自)]

フォーム一覧 > 登録 > 対象会員(LINE会員)のフォームを選択できます
※LINE会員⇔メルマガ会員の自動連携に活用ください

[なし]

画像をタップしても何も動作致しません